FC2ブログ

ピロシキは今日も揚げられたのか?

動画の状況とか配信のお知らせとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

タイトル未定さん(1)

 目が覚めた。

───暗い。暗い。暗い。

体を飲み込むほどの闇と、その中で何故か唯一はっきりと確認できる右腕。それを認識してすぐに再び意識が切れた。

 目覚まし時計のベルが鳴り響き、六畳の部屋の空間を揺らす。窓を少しばかり開けたままにしているので、ほんのり冷たい風が一斤染のカーテンを優しく撫でている。部屋の角に置いてあるベッドの上で、荻野麻麻(おぎのまお)はカーテンと合わせた色の布団に山を作っていた。
ベルの音は彼女の耳にも聞こえている。だが、ベルのけたたましい音が空気を振動させ、それが彼女の耳に届き鼓膜を揺らしているのみである───つまりこの場合聞こえていなかったと言うべきである。
朝起きることが苦手だから特別大きい音が鳴る物をと、彼女の兄が買ってきたそれは使命を果たすことができず持ち主を呼び続けている。
「いつまで寝てんだよ!」
ドアを開けながら───正確にはドアを開ける前にはすでに叫んでいたが───麻麻の兄、荻野唱唱(おぎのしょうた)が顔を出した。ひやっとした風が眼に染みる。家中に響いていたベルの音だが、部屋の中は段違いであった。
「よくもまあこんなにぐっすりと寝れたもんだ…」
呆れ半分、関心半分といった様子で彼はいつも通り買って与えた目覚ましのベルを自分の手で止める。
「こいつを起こすために買ってやったのに俺が起こされるハメになるとは…」
なるべく言わないようにしつつも、時計を買ったあの日から毎日こうして自分でベルを止めに行くことを繰り返し、つい言葉を漏らしてしまった。
「あ、お兄ちゃん。おはよう…」
振り返ると麻麻が布団を被ったままこちらを見ていた。
「おそよう、麻麻。今日は昼から出かけるとか言ってただろ?いいのか、寝てて。」
起きてくる様子の無い彼女に対しても、もはや見慣れたといったように言う。
「えへへ、次目が覚めたらぁ。」
首の中ほどまでにある髪を逆立てたまま、彼女は再び眠りにつかんと瞳を閉じかけている。
「全く、今日も言うがまたバタバタしても知らないぞ。」
唱唱が呆れて言う。
「あっ、お兄ちゃん。そういえばねえ、今日変な夢見たの。」
もっと大きい音が鳴る奴が必要か…とつぶやきながら時計を見ていた唱唱がはっとして振り返る。
「へえ、どんな夢?」
珍しく一瞬で二度寝へと落ちなかった彼女に尋ねる。
「えっとね、えっとね…あれ、覚えてないや。」
てへっと笑う彼女の反応にガクッと体を落とす。
「寝ぼけてるのか…」
どちらにしてもいつも通りか、と時計を机に置き入ってきた扉へと戻ろうとする。
「でもねー、なんか変だったのは覚えてるの。なんか、こう…もやもや~っとして!、ぐにゃぐにゃ~って!」
言葉にするには難しいものをなんとか表現しようとしたのであろうが、その説明では何も理解するに至らなかった。まだ寝ぼけているのだろうと、唱唱は軽く流し部屋を出て階段を降りて行った。
「う~…十時になったら起きるの。十時になったら…」
そう呟きながら布団を鼻まで被り彼女は再び眼を閉じた。

時計の針は現在午前十一時を指していた。
スポンサーサイト

雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<タイトル未定さん(2) | ホーム | BOTボットぼっと>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。